どうやったら論文を書けるのか?(その2)

どうやったら論文を書けるのか?第二弾。 

fuyomilk.hatenablog.com

 

研究は進んでいるけれども、書かなきゃいけない論文が溜まっている、という状況は、けっこうありがちなのではないかと思う。 

共同研究者に「あれどうなった?」と聞かれて、まだ進んでなくて……と、正直に告白する時、とてもばつが悪い。メールが来ると、申し訳ない気持ちになる。

「最近なにしているの?」と同業者に聞かれる時、ひょっとして、「こいつ論文出てないけど、ちゃんと仕事してるのか?」って思われてたらどうしようとビクビクする。

論文を書かないことによる罪悪感は、「やるべきことをやっていない(書かなきゃいけないのは知ってる)ことに対する罪悪感」「いろいろ助けてくれた共同研究者に対して、自分がさぼっているせいで、論文という成果にしていない罪悪感」 という2つだな、と自分なりに分析している。

論文さえ書ければこんな思いしなくて済むのに……とわかっているのに、なかなか進められない。いろいろ自分の行動を分析してみるものの、一向にすすまない。

 

……という状態に陥っていたので、この本を買ってみた。

なぜあなたは論文が書けないのか?

なぜあなたは論文が書けないのか?

 

「禁煙本」に近いのかな?という印象。 父のタバコをやめさせようと、母が禁煙本を買ってきたことがあり、中身を見たことがある。「タバコを吸うのが本当に必要なのか、その意味を問う」という感じで話が進んでいく。この本も、「論文をなぜ書かなければいけないのか?」という問いかけから始まり、論文がかけない理由を一つ一つ潰していく、という感じ。テクニックというよりも、精神論?というか、論文を生産する仕組みづくりの説明をしてくれるという感じ。

本に説明されていた中で、自分でも取り入れるべき重要な心がけとしては、

  • 論文を書くモチベーションを再認識し、書くという強い意識を持つ
  • 書くことを習慣化する(3日に1度は論文ファイルを開く)
  • 完璧を目指さない

という感じかなと思う。

この本は研究も臨床もやらないといけない、医学系の学生・研究者を対象に書かれているが、他の分野の人でもオススメ。

 

一方で、こちらの本はいまいち。著者が商売上手なのか、上の本とセットで読んでね!ということで買ってしまったが、研究をやっている人(特に、いろいろなラボに在籍している人)にとっては当たり前の内容が書かれてる。逆に、学生や、一つのラボにずっといる人には、新鮮な情報もあるかも?または、シニア研究者が、若い人の気持ちや考え方を知るのにはいいのかもしれない。

なぜあなたの研究は進まないのか?

なぜあなたの研究は進まないのか?