読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「普通」になりたかった女性の半生記 - こだま「夫のちんぽが入らない」

以下多少ネタバレあり。

 

「夫のちんぽが入らない」が発売される、というツイートを見た時、予約するかどうかかなり迷った。サンプルを読んで、この本は面白いに違いないという確信があった反面、本棚に並んだときに来客に突っ込まれるのが嫌だなという気持ちがあった。とはいえ、発売日にふたたびツイートを目にする機会があり、アマゾンでポチって翌日には家に届くことになったのだが。

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

 

扶桑社のホームページによれば、本書は、

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落”の半生。“衝撃の実話”が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化! 

……という内容らしいのだが、正直、↑を書いた人は本当にこの本を読んだのか?と思ってしまうような紹介だ。

交際してから約20年、『入らない』女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った」はそうなのだが、「“愛と堕落”の半生。」というのはどうかな?という印象だ。

この人は、別に「堕落」したのではない(確かに、社会的には堕落と言えるような状況も経験しているが)。人と関係を構築することができない筆者が、出身地を離れて他人と関わり、「普通」を求めてもがき、自分なりに落ち着くところに着地した、という話なのかなと私は思う。

とはいえ、彼女は普通になれたのかというと、やっぱりなれてはいないのだと思う。結局夫のちんぽは入らなかったのだ。

この本は確かに「夫のちんぽが入らない」というタイトルが示す通り、一応夫との関係が軸になって話が展開される。しかし、この本を読んでも、夫がどういう人なのか全くと言っていいほど伝わってこないのだ。「精神的な結びつきを強くしていき」というのは全く感じられない。筆者にとって夫は初めて自分の存在を認めてくれた人ではある のだろうと思うが、「こんな私のことを大事にしてくれる素晴らしい人」以上の印象が伝わってこない(本を読めば、別に夫は聖人君子ではないというのがわかる)。

この本の中で強烈な存在感を放っているのは彼女の母親だ。これは夫婦関係の本というより、「毒親系」の本だと思う。

読後感として、「夫のちんぽが入らない」に近いのは、これかもしれない。

PLATONIC SEX

PLATONIC SEX

 

 どっちも交際男性について触れられるものの相手の人柄に関する記述は薄く、親オチがつくあたりが似てるように思う。