読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンアクセスとその費用のポリシー

研究 科学政策

オープンアクセスについて、ゴールドオープンアクセス時にかかる費用をどのように負担するべきか調査した。

オープンアクセスの基礎知識

オープンアクセスには、大きく分けて二種類ある。

グリーンオープンアクセス:セルフアーカイビング。embargo期間を経て機関リポジトリなどに登録することで、誰でも論文が読めるようにする。

ゴールドオープンアクセス:論文公開直後から誰でも読める形で論文を公開する。論文の出版費用は著者が負担することになる。

wikipediaより:

One way is to publish it and then self-archive it in a repository where it can be accessed for free,[6][7] such as their institutional repository,[8][9] or a central repository such as PubMed Central. This is known as 'green' open access. Some publishers require delays, or an embargo, on when a research output in a repository may be made open access.[10] Several initiatives provide an alternative to the American and English language dominance of existing publication indexing systems, including Index Copernicus, SciELO and Redalyc.

A second way authors can make their work open access is by publishing it in such a way that makes their research output immediately available from the publisher.[11] This is known as 'gold' open access,[12] and within the sciences this often takes the form of publishing an article in either an open access journal,[13] or a hybrid open access journal. The latter is a journal whose business model is at least partially based on subscriptions, and only provide Gold open access for those individual articles for which their authors (or their author's institution or funder) pay a specific fee for publication, often referred to as an article processing charge.[14] Pure open access journals do not charge subscription fees, and may have one of a variety of business models. Many, however, do charge an article processing fee.

グリーンオープンアクセスは費用はかからないが、embargoが半年〜1年間設けられることがおおく、最新の論文を読むためには結局雑誌講読料(これが高騰し、大学関係者は困っている)を負担しなければならない。査読前のpreprintのセルフアーカイビングは、多くのジャーナルで認められているものの、最終盤ではないのであまり意味がないと私は思う。

オープンアクセスの費用

そういうわけで、ゴールドオープンアクセスにしたいのだが、これはこれで非常に高額。例えばNature communications(オープンアクセスジャーナル、インパクトファクターは10前後の一流誌)の投稿料は以下のとおり。

www.nature.com

£3,150 (UK and rest of world)
$5,200 (The Americas)
€3,700 (Europe)
¥661,500 (Japan)
RMB33,100 (China)

Plos系はもう少し安くて$1,495から。eLifeもついにpublication fee($2,500)を課すことになった。

elifesciences.org

他の一流誌よりは安いでしょ、ということらしいが。しかしこのレポートはよくまとまっているな。

オープンアクセスの義務化

ERC, Marie Curie, Wellcome Trustなどのヨーロッパ勢, NIHやHoward Hughesなどのアメリカの研究費助成団体は、オープンアクセスを義務化している。オープンアクセスは論文の出版から6ヶ月以内に行うことなど、グリーンオープンアクセスでもOKということになっている。

NIH系はpubmed centralに論文をアーカイブする。NIH funded researchersは、アクセプトされた稿を著者ホームページにアップロードするのもOK.

このあたりの事情がわかりやすくまとまっているのはElsevierのページではないかと思う。

Agreements

でもやっぱり6ヶ月経たないと読めないとなると、論文が最も注目を集めるプレスリリース時に一般の人は読めないことになってしまうので、市民への還元という意味ではやはり弱いのではないかと思う。

オープンアクセスの費用は誰が払うのか

ゴールドオープンアクセスにした時、その費用は誰が払うべきなのだろうか。だいたい著者が払う場合・大学など研究機関が払う場合・funding body(研究費助成団体)が払う場合の3つがあり得る。

著者が払う場合

研究費などから支払う。私が知る限り、「オープンアクセスのための費用は出せない」という研究費は日本にはないのではないかと思う。海外でも特に聞いたことはない。

大学が払う場合

大学によっては、オープンアクセスジャーナルと一括契約していて、XX大学から該当ジャーナルに出版される論文は、追加コストなしでOK、という場合がある。この場合は大学が払った、という解釈でいいと思う。

大学によっては、教職員がオープンアクセス雑誌に論文を載せる場合、費用を一部負担するという助成金の一種が用意されていることもある。

Funding bodyが払う場合

Funding bodyがオープンアクセスを推進している以上、費用も一部負担すべきでは?ということで、ゴールドオープンアクセスの費用を負担したり、グリーンオープンアクセスに関して有利な条件を出版社と結んだりしている。

ゴールドオープンアクセス時に発生する費用について、funding bodyが(申請しているグラントの枠外で)コストを負担してくれるのは以下のとおり。

  • Arthritis Research UK(著者が払えない場合)
  • Bill & Melinda Gates Foundation
  • Bloodwise(ただし例外的な扱い。大学などに所属していない場合)
  • British Heart Foundation
  • The Chief Scientist Office(上限あり)
  • Department of Health UK and the UK National Institute for Health Research (NIHR)(例外的な扱いとして申請可能)
  • Dunhill Medical Trust (DMT)(グラントの額によって使える額が違うが、オープンアクセス用の費用を別途申請可能)
  • Motor Neurone Disease Association
  • Parkinson's UK
  • Research Councils UK(Prepaid planを特定の大学に提供)
  • Telethon
  • UNU-WIDER
  • VSNU(特定のジャーナルのゴールドオープンアクセス費用をオランダの大学が払う)
  • Wellcome Trust
  • Worldwide Cancer Research(1本につき最大£2,000まで)

案外費用の一部でも負担してくれるところは多い。これは Elsevierに載ってるものを拾っただけなので、探せばもっとあるかも。グラント申請時にオープンアクセス費用を計上するようにというところもあるが、論文はいつ出るかわからないので、論文出した時に申請、というフレキシブルな運用の方がありがたい。