読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人がとりたて英語が下手、ということもない

腹が立つことはいろいろあるけれど、最近特に腹が立つのが、日本人の英語に対する苦手意識につけこむような商売が流行しているように感じることだ(例えば、危機意識をあおるような雑誌の記事とか、怪しい(ま、怪しくはないんだけど)英語学習用教材だとか)。

 この本さわりだけ読んだことあるけれど、この本の作者の方にわりと全面的に同意。

日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)

日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)

 

(もちろん、今後どうなるか分からないけど)日本に住んでいる日本人の人に本格的な英語を話せる必要はない、という点には同意する。というより、日本の学校教育で、日本で暮らしていくのに最低限必要な英語力というのは身に付いてるんじゃないかと思っている。

英会話は難しくない。でも英作文は難しい。 - ロンドンはイギリスにある

前にも書いたけど、日本人は決して英語そのものが下手ということはない。例えば、ありがとうは"Thank you"って言うとか、英語でものを数えるとか、そういうことがだいたいの人はできる(高校くらいまで、それなりに勉強しているという意味であれば)から、道案内に必要な英語力はあるはずだ。日本に住んでいたことのある外国人の人で、日本のとある田舎で床屋に行ったとき、英語が通じた(ShortとかLongとか、OKとかThank youとか)と言っていたけど、これは驚くべきことだと思う。スペインとか南米の田舎に行ったりすると、Thank youすら通じない世界がある。読むことに関しても、大学卒業くらいの人であれば、辞書を引き引き英語の論文なんかも読めるんじゃないかと思う。

たまに日本人が英語レベルをあげなければならない理由、とかでTOEICやらTOEFLの点数の低さをあげている人がいるけれど、そもそも、「ちょっと英語を使う」くらいの人は、英語検定試験を受けないから、必然的に「学位を取るため」とか、そういう上級レベル・エリートレベルみたいな人が母集団に多くなる。例えば、イギリスに限って言うならば、ヨーロッパ人であれば英語の試験など受けなくてもイギリスに移住できる。一方非ヨーロッパの人は、語学学校用のビザを取るのにテストを受ける必要があるので、「英語学習者」の中でも初級レベルの人(義務教育+高校、くらいのひと)がテストを受ける割合が多いのではないかと思う。

アジア人の中で言うと、やはりなんだかんだで日本は豊かなので、すごいお金持ち・エリート層でなくても留学したり、英語を勉強したりできるから、母集団として優秀・エリートクラスが多く、点数を底上げしてるのではないかと思う。

そういうわけで、日本人の平均英語力*1はほかの国に比べても案外高いんじゃないかと思っている。

それを鑑みると、今あるほとんどの英語学習系サービスは、実際に英会話をスカイプでできるようなサービスでもない限り、普通の人が使ってみて効果が実感できるとか、お金を払う価値のありそうだというものはそうそう思いつかない。というのも、日本人が個人的な経験でいうと、Gingerで直せるような英語の間違いであれば、間違っていてもあまり誰も気にしない(相手も文意をとってくれる)し、本格的な英語校正(間違ってないけどこう書いた方がいい、というのを直してくれるようなもの)には遠く及ばない*2。もしかして、今後アルゴリズムなどが改善されるかもしれないけれど、今はこの辺のサービスにお金を払うほどではないんじゃないか、という気もする。

...ただし、「日本人の90%」に当てはまらない人たち(例えば駐在組)は自分の英語力の乏しさを少し反省した方がいい人が多いと思う。感覚的には80%の駐在員は、いわゆるエリート層としてイギリスに来ているにも関わらず英語が下手すぎると感じる。そういう人の英語力(読み書きしゃべり)を伸ばすにはどうしたらいいかというのは難しい問題だと思うけれど、これはもう英語を使う時間を増やすしかない気がする。近道はあまりない。先にあげたような、ちまちました英語学習系アプリやらロゼッタストーン*3では伸びしろに限界があり、結局お金払いたい!というものはあまりない。

長いので次回へつづく。

 

*1:中国や韓国でも、紙に書けば、案外英語で意思疎通ができるらしい(タクシーの行き先など)ので、アジア人の英語力はそんなに悪くはないのではないかと思う

*2:実際、論文を書いたりしてGinger!しても、全部直されたりするのはざらである。

*3:ロゼッタストーンは第二第三外国語の会話練習をするのは案外いいかもしれない。