読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンの住むとこ評価(2014年版)

ロンドン生活

先日の記事に関連して、ロンドンの治安について何となく思うところを書いてみる。

 

ロンドンのポストコードと地域別イメージ

まずはロンドンの地理について、大雑把に理解するために必要なポストコード(郵便番号)について。

ロンドンの郵便番号は、前半部分と後半部分に分かれる。N, NW, W, SW, SE, E, WC, ECというエリアコードと番号で表される前半部分は、大まかにどの地域かを示してて、後半部分まで含めれば、通りとおよその番地まで特定できるようになっている。

f:id:fuyomilk:20140422001326p:plain

(画像はWikipediaより:元画像

見てもらえばわかるけれど、Nは北、Sは南、Wは西、Eは東。WCとかWEはいわゆるシティといわれる部分のPostcodeになっていて、だいたいのエリアはアルファベットの部分でわかる、という仕組みになっている。

それぞれのポストコードに関して、私の勝手なイメージを言うと、

WC/EC:シティ。オフィスが多く、住む物件は少ない。高い。

N:安全なエリアとそうでないエリアが混ざっている

NW:住宅地が多い。一部危険な地域あり

SE:危なさそう。ロンドンに慣れていないうちに住むのは危ないかも?

SW:チェルシー、クラッパム、リッチモンド、ウィンブルドン(Chealsea, Clapham, Richmond, Wimbledon)などの高級住宅地もあるけれども、危険なところもある。でもSEよりは安全そう

E:トレンディエリアもあるけれど、危険とされる地域も多い。再開発中。

W:住宅地が多い。一部危険な地域あり

...という感じだ。

どのあたりに住むか 

ロンドン中心に職場・学校などの活動拠点にあるなら、基本はZone1or2に住む方が良いと思う。それより遠くにいくと、家賃は安くなるけれども交通費が高くつき、かつ通勤にも時間がかかる。子供がいて、良い学校に行きたい(ロンドン現地校は、住んでいる場所で入れる学校が変わる)などの理由がない限りはZone1/2、もしくはZone3駅近に住むのがよいと思う。

どうしてもRichmond住んでセレブに遭遇したいとか、Wimbledonチケット抽選で勝つ(最近はマレーの活躍によりイギリスでテニス人気上昇、Wimbledonチケット高騰中だとか)ためにWimbledonに住まなければ...とかでない限り、若い人は中心部近くに住んだ方が便利なのではないかと思う。住宅地と言われる部分は安全かもしれないけれど、特に東京から来たような人にとって、住むのはちょっと退屈かもしれない。

何線沿いに住むか

Tube駅の近くか、頻繁に出ている(または、駅までいくのに何本かある)バス停近くに住むのがいいと思う。Overground/鉄道は、本数が少なかったりして、駅の近くでも実はあんまりうれしくない。

TubeでもNorthern Lineは頻繁に止まるとか、Bakerloo lineは本数が若干少なく遅いとか、好き嫌いはあるかもしれない。ちなみに私のお気に入りの路線はJubilee Line、Metropolitane Line, DLR(Tubeではないけど...お台場のゆりかもめっぽい感じ。イーストエリアを走る)。

勝手に言いたい放題・エリア別イメージ

Postcode別、いくつかのエリアについて、印象や感想などを何となく述べてみる。地域割りは適当な部分もある(例えば、Old streetはPostcodeはNになる部分もあるが、Hackneyと一緒にくくっているので、Eエリアの中でコメントしている)ので注意。また、安全面や住み心地は、人によってこだわり・受ける印象・予算などの違いで変わってくるので、あくまで「参考」程度と思ってほしい

 

WC/ECエリア

Liverpool streetとかFarringdon, Holbornに住めたらかなり便利、でも家がないし出ていても高い。BankあたりのCity勤めなら、無理にWC/ECに住まなくても、Old streetあたりは結構物件が出ていて、狙い目。

Nエリア

Holloway, Archway: 交通の便がいい(バスが頻繁)し、Seven sisters roadのところにあるHolloway Nags Headのマーケットは食料品を買うのに便利。1ポンドショップもある。

ただし、Seven sisters roadとかHornsey Road、Archway駅前のカウンシルフラット(団地)の中まわりは、特に夜出歩くのは結構怖いので、住みたい場合は夜の下見もしておくこと。

Highbury & Islington, Angel: おしゃれPoshエリア。ちょっとOverpriced感のある賃料。ただCannonburyとかArsenalの方に行くと、わりと安全で便がいいのでおすすめ。Arsenal近くはスタジアムで試合の日はすごいけど。

High gate/Muswell Hill/Crouch End :北東のおしゃれ住宅街。中心部からは離れているけれど、買い物などは便利だし、バスも結構頻繁に通っていて、アクセスはいい。でもバス利用がマストなので、めんどくさい、といえばめんどくさい。

NWエリア

Camden/Mornington Crescent:Camdenといえばこの元ネタとなった若者インタビュー「日本人はイッちゃってるよ。あいつら未来に生きてんな」がされた場所で、若者向けの繁華街(最近は、もっぱら観光客向けの何かなっている、ような気がする)。センターに近く、大きいSainsburyもあって生活は便利だけれど、繁華街だけあって、危ない・夜遅くまでうるさい通りもあるので注意。  

Swiss Cottage/Finchley Road/Belsize Park:日本人に人気のエリア。道を歩いていると、日本語で話している人を1日1回は見かけるという感じ。Swiss CottageやBelsize Parkは正直Tubeの便がよくないけど、Finchley RoadはMetropolitan lineが使えて結構便利。大きいwaitrose/SainsburyもFinchley Rd駅近くにあり。

Maida vale/Paddington:ここも日本人の駐在の人が多い。基本的にはいいところだし安全だけど、高い。またMaida valeは中心部へのアクセスがちょっと不便に感じる。さらに、Edgeware RoadやKilburnといったちょっぴり危ないエリアに近いので、強盗には気をつけた方がいいかもしれない。 

Eエリア

Old Street/Shoreditch/Hackney/Dalston:この辺りはロンドン人に言わせると本当に変わったらしい。今ではおしゃれトレンディエリア(Angelが家賃高騰したから人がはけている、っていうのもあるかも)。 

White chapel/Aldgate:切り裂きジャックで有名なエリア。今はインド系・ムスリム系移民の人が多い。Brick LaneやColombia marketなどのおしゃれエリアに近い、新しめの物件も見つかる、カレーがおいしい。ピカデリーやオックスフォードサーカス方面に出るのに若干便が悪いのと、治安面の不安があるのが難点。

SE/SWエリア

Lambeth/Elephant& Catsle/Brixton: 危険な地域ワースト1, 2を争うエリア...だが、Hackney同様、新しいマンションもぼちぼち建ってきている。すこし外れるけど、BermondseyやCanada waterのあたりも、

Lewishamイギリス一危険な場所、の残念な記録を持ってしまった場所。

Battersea Park/Clapham:駅が国鉄なのが残念だけれど、バスなどが頻繁に出ているのでVictoria駅まで簡単にアクセスできる。大きな公園があってくつろげる。安全でないエリアも一部あるので注意。

Wimbledon/Richmond:ポッシュ(おしゃれ)。 セレブが多いという噂(ブラピ・アンジーの別邸はRichmondにあるらしい)。

Wエリア

Notting Hill / QueensPark:おしゃれ。Angel同様Overpricedな気はする。Notting Hillは夏のサンバカーニバルの時は本当にうるさくて人の出もすごくて大変なので、それが嫌だというひとはホリデーに行ってしまうそう。

Acton:日本人に人気。食材も手に入りやすい。日本人以外の友人は、ActonなんてLondonに10年住んでるけど一度も行ったことない、と笑っていた。 

 

ロンドンの安全に関するデータは?

以上、ロンドンのエリア別のイメージ、おもに安全度について書いてみたけれど、きちんとした統計が欲しいというひともいるかもしれない。そんなときはMetropolitan Police Crime Mapping過去エントリ参照)を見てみると、どのエリアで犯罪が起きているのか一目で分かる。

また、UK peace index reportというのも参考になる。これはイギリス全土の犯罪や安全に関する統計資料で、どのエリアが危険かというのを調べるのに参考になる。

ちなみに2013年UK危険度ランキングの結果はこのようになっている(エリア名+スコア)。

1: Lewisham 4.529
2: Lambeth 4.494
3: Hackney 4.402
4: Newham 4.364
5: Tower Hamlets 4.360
6: Hammersmith & Fulham 4.352
7: Islington 4.343
8: Southwark 4.314
9: Brent 4.235
10: Haringey 4.221
11: Waltham Forest 4.076
12: City of Westminster 4.061
13: Greenwich 4.002
14: Ealing 3.949
15: Croydon 3.931
16 Camden 3.914
17 Barking & Dagenham 3.842
18 Manchester 3.752
19 Birmingham 3.724
20 Hillingdon 3.698

こうやってみると、上位はほとんどロンドンだ。Hammersmith&Fulhamの高さに驚く(危険とされるTower Hamlet, London Eエリア)とほとんど変わらない。 ManchesterとBirmingham以外は全部ロンドン(とその郊外)になっていて、統計資料上、ロンドン近郊だったらどこに住もうが危険は危険、ということなのかもしれない。

 

イギリス〈2006~2007年版〉 (地球の暮らし方)

イギリス〈2006~2007年版〉 (地球の暮らし方)

 

 

週120ポンドで暮らすロンドン生活術

週120ポンドで暮らすロンドン生活術