読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンのタクシー運転手はすごい

最近、ロンドンのタクシーと日本のタクシー運転手が比較されているので、便乗。

 

めいろま氏の「タクシーは道わからない人が多すぎ」ツイートに思うこと - Togetterまとめ

ロンドンのブラックキャブは住所だけいえば一発で行ってくれますからね。。。

これは本当。

ブラックキャブじゃないタクシーも一発で到着するだよ。運ちゃんは移民の人が多いぞ。移民でもちゃんと場所はわかるぞ。

これはちょっと同意しかねるかも?ブラックキャブじゃないタクシー(Mini cab, ミニキャブと呼ばれる)の場合、だいたいカーナビシステムが車についていて、これをたよりに目的地に行ってるし、たまに迷ってるのを見かける。さらに言うと、ブラックキャブの運転手はロンドン出身の人(しゃべる英語で分かる。いわゆるコックニー、ロンドンなまり)が結構いるのに対し、ミニキャブは移民1世〜もしかすると2世?みたいな人が多いと感じる。むしろ、ミニキャブの運転手でロンドン出身の人に会ったことは、私はない。

 

ともかく、この話で一点同意するのは、ロンドンの「ブラックキャブ」(黒キャブ)の運転手「は」すごいよ、というところ。すべての通りに名前がついていて、郵便番号で住所がだいたい分かるシステムになっているので、日本よりは道が分かりやすいかもしれないけど、それでも"St. Paul's street" "St. Paul's Avenue" "St. Paul's mew"みたいな感じで似たような通りはたくさんあるから、私はまねできない。で、どれくらいロンドンの運転手がすごいかというと...海馬(記憶に関する脳の領域)が大きくなっちゃうくらいすごいのだ。

Navigation-related structural change in the hippocampi of taxi drivers

(ロンドンの研究者たちによる研究。PNASというのは一流の科学雑誌で、日本だったら、PNAS論文1本+αあれば教授になれるかも??? :p)

 

同じ研究者がタクシードライバーだけではなく、バスドライバーの脳も調べている

London taxi drivers and bus drivers: A structural MRI and neuropsychological analysis - Maguire - 2006 - Hippocampus - Wiley Online Library

 

この話を読んで面白いなと思った人、ぜひ脳科学への応援をよろしくお願いします。こういった基礎研究をすすめるには、国民の皆様の理解が不可欠なのです。