Vodafoneからgiffgaffへ

ついに!Vodafoneを解約することにした。

 

イギリスの大手携帯電話会社はVodafone, O2, Orange, Threeの4つだと思う。この中で、Vodafoneは最大手でつながりやすいと言われていたが、実はそうでもないらしい。Vodafoneは使う人が多いせいなのか、ネットワークの速度が遅かったり、つながりにくかったりで使い勝手が悪かった。その上、他の携帯電話会社と比較すると割高(それでも日本よりは安い)だったりする。

 

そこで、なんとか携帯電話の料金を安くしたい!ということで、Vodafoneの番号を引き継いだまま、giffgaffという携帯電話会社に移行することにした。 giffgaffはとにかく安い。月10ポンドで500分通話+テキストし放題+1GBインターネット。ネットワークはO2のネットワークを使っているので、それなりに良いはず(02はそこそこつながりやすいと言われている。たまにネットワーク障害が起きたりするのが玉に瑕…)。

 

さて、番号そのままで携帯電話会社を移るのは、Mobile Number Portability (MNP)という(日本でも同じ)。 giffgaffのページに分かりやすくまとまっているものがあったので、これを参考に手続きをすすめる。 最初にやらなければならないことは、giffgaffのページからSIMカードを注文すること。ウェブページから申し込めば、3-5日で手元にgiffgaffのSIMが届く。 SIMが手元に届いたら、Vodafoneカスタマーサービスに電話。PAC(Port Authorisation Code)をテキストで送ってもらう。 次にgiffgaffに連絡し、番号を変更するためのフォーム(インターネット上で申請・提出可能)を提出。フォームを記入するところでトラブルがあり、カスタマーセンターとやりとりしたりもしたけれど、オンライン上で全部できるようになっているので便利だ。 いよいよ番号移管の日、正午-午後にかけて一時携帯電話が使えなくなるものの、この段階では特にトラブルなし。無事にgiffgaffに番号移管終了。

 

giffgaffを使ってみた感想は、快適で安い!につきる。O2のネットワークを使っているので速度は十分に出るし、カバー率もロンドン内なら問題なさそう。そして料金がとにかく安い。テキスト使い放題、UK内無料通話200分、インターネット250MBで月£7.5。日本に国際電話をかけても、vodafoneよりも安い。giffgaff同士なら通話無料など。今のところ大変満足。