読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンの治安

私がロンドンに来るまで、両親にさんざん心配されたのは「ロンドンの治安は大丈夫なのか?」ということだった。私の両親は「外国=危険」とか、「留学=業者が出てくる->だまされる」というイメージを強く持っているようで、留学したりロンドンに住むのは本当に安全なのか、という趣旨のことを最後まで私に質問してきたのだった。

1年間住んでみた感想として、ロンドンは危険か?と質問されれば、思ったほどでもないし、時間と場所を間違えなければそこまで神経質になることはないだろう、と答えると思う。 実は私が生まれ育ったところは、東京の中でもあまり治安のよくないと言われる繁華街で、夜はあまり一人で歩きたくないような場所だったし、発砲事件や傷害事件はかなり多かったと思う。こういうところで育ったから、ロンドンの高級住宅地や、治安の良いとされるところを歩いていると、本当にのどかだと感じる。もちろん発砲事件もないし、夜も静かで住みやすい。

ロンドンに来たばかりの時、どこに住むのが安全かわからないという場合、友達やロンドンに住んでいる人に聞くのが一番だと思う。ただし、「安全」の基準は人によって違うので、人の話をそのまま信じるのはどうかと思う。南米人にとっては、Elephant&Catsle(日本人の駐在員の人なんかは、危険だから足を踏み入れるべきではない、と考える人も多いようなところ)も、Brixtonよりはマシ、だからElephant&Catsleにはまあ住める、ということになるのだ。

そういうわけで、客観的にロンドンの治安を評価したいという人にとっては、このウェブサイトが便利だ。 Metropolitan Police Crime Mapping

f:id:fuyomilk:20130826023814p:plain

また、Zooplaで不動産を調べると、その物件のある地域がどれくらい安全なのか、等の口コミ・評価を表示してくれるので参考になる。

ロンドンの犯罪について、ロンドンで命を取られたりするようなことは、日本と同様少ない。ただし、スリ・窃盗・ひったくり等の軽犯罪は本当に多い。例えば、バス停でバスを待っているとき、iPhoneをいじっていたら、自転車に乗った犯人からiPhoneをひったくられてしまったとか、公園でピクニックしていたら鞄を盗まれたとか、そういう話はよく聞く。ロンドンに長く住んでいる人でも、財布をすられたりする。 特にiPhoneなんかは、観光客が写真を撮ろうとしてiPhoneを掲げていると、そのままかすめ取られたりすることも多いようだ。日本ではついやりがちなことでも、ロンドンでは犯罪を誘発してしまう。iPhoneはしっかり両手でホールドしたり、写真を撮り終わったら鞄の中にきちんとしまうこと。写真撮影中でも気は抜けない。

さらにもう1つ、ロンドンと日本の違うところは、「落としたものはまず帰ってこない」。日本だったら、警察に届ければ、親切な人が届けてくれることもある。ロンドンでは、そんなことは滅多に起きない。まあ、オフィスでものをなくした、くらいだったら、同僚が見つけておいて返してくれることはあると思う。けれども、町中でものをなくせば、絶対に返ってこないと思った方がいい。

さて、再びCrime mapと住む場所について。 スリ・ひったくりなどの犯罪は、繁華街や人の多いところで起きやすい。Crime Mapを見ても、赤く染まっているのはピカデリーやOxford Circusなどの中心街のあたりだったりする。これはスリなどの犯罪の報告件数が圧倒的に多いためだろう。こういう中心街では、人がたくさんいるから、スリにはあっても、殺されるようなことは(トラブルに首を突っ込まない限り)まあないだろう、と言える。King's Cross周辺は、昔はものすごく治安が悪かったし、マップを見ても赤い。しかし、今はPoshなマンションなんかもあったりして、交通の便もいいしなかなか人気だ。住むのには悪くない地域だと思う。SOHOあたりも赤色だけど、繁華街のど真ん中で、どこに行くのも徒歩・バスで行けて便利そう。住んでいる人に話を聞いても、なかなか楽しそうでうらやましい。まあ、夜はすごくうるさいらしいけど...