読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学用奨学金一覧

留学準備 留学 研究

留学するには、(悲しいことに)お金が必要だ。貯金を使ったりアルバイトをして稼いだり、親から援助してもらったり、銀行から借りたりなど、資金を調達する方法はたくさんある。
その中で、ぜひ考えてみてもらいたいのは奨学金に申請する、ということだ。実は、奨学金(Fellowship, schalorship)は、日本ではあまり見かけない。いわゆる日本で言う「奨学金」とは、海外でいうローン、つまり返済が義務づけられているもの(これは日本学生支援機構、旧育英会という、最も大きな組織が「ローン」を「奨学金」と呼んでいたからだろう)も含む概念なのだ。その一方、日本国内でも留学者・留学志望者向けの奨学金はたくさん用意されている。留学するならこれを使わない手はないと思う。ここにいくつか有名どころをあげてみようと思う。

一つ断っておきたいのは、ここでいう「留学」は、いろいろな種類の留学を含んでいる。学位取得留学、短期留学、研究留学... 自身が募集要項にあっているかどうかは、ホームページを見れば分かるし、分からなければ担当者に問い合わせてみると良いと思う。
また、学生なら、この手の奨学金情報は学校の国際交流課、みたいな名称の部署にも集まるので、そこに言って相談してみると良い。特に、大学独自のプログラムもあるので、足を運んでみる価値はあると思う。

学位取得留学。倍率20倍くらい?

学位取得留学。90年代後半の倍率がすごいけど何があったんだろうか。

長期・短期の海外留学向け奨学金。大学内での選考も考えると、倍率は5-10倍くらい?で、低めなので良い。

超有名。

ロータリークラブの奨学金。まずは自分が応募できる地区のホームページなどを見て情報収集する。

学位取得留学向け。

イギリス留学(3か月以上)を考える人向け。渡航費くらいにしかならない。

博士課程以上向け、学位取得留学は不可。

博士号取得後の留学。

博士号取得後の留学。

博士号取得後の留学。

博士号取得後の留学。